小寺卓矢・森の写真館 top_image
bar

left_button_spaca.gif
info.gif
left_button_spaca.gif
works.gif
left_button_spaca.gif
profile.gif
left_button_spaca.gif
publish.gif
left_button_spaca.gif
diary.gif
left_button_spaca.gif
link.gif
left_button_spaca.gif
left_button_spaca.gif
ask.gif

2009年07月 | 月別の日記 | 2009年09月

編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | 先頭へ↑

編集

地衣

090820oketo_001_DSC1350.jpg

2009.8.20置戸町
スポンサーサイト

| 写真 | 09:29 | コメント(-) | trackbacks(0) | 先頭へ↑

編集

ひさびさ

■おかげさまで夏休みのイベント盛りだくさんスケジュールも一段落。お世話になった皆さん、ありがとうございました。

■お盆休みの家族での小旅行や、いつものとおりの道内撮影行、また地域NPOでのイベント準備など、依頼のお仕事以外でもなにかとバタバタし、すっかり日記の更新が滞っています…。

■しかし、こうしているあいだにも秋から冬、遠くは来春まで、いくつか講演やワークショップのご依頼も入りつつあります。

■道内では、9月第2週目週末の喜茂別でのワークショップ、10月は地元十勝でのスライドショーやイベント、月末の道東・浜中町近辺での講演など。11月は札幌や苫小牧で子ども向け、大人向け、それぞれイベントが決まりました。

■そして12月は、今春に引き続き、関西・四国・中国地方での予定が決まりつつあります。来春3月は、函館方面へも行くことになりそうです。

■各地で皆さんのお目にかかるの、本当に楽しみです!

■詳細は、出来るだけ早いうちにこのホームページのトップページ「最新情報」に掲載したいと思います。もし「せっかく〇〇の近辺に来るなら、うちでも何かやってよー!」というご依頼があれば、ぜひお気軽にメールでご連絡くださいね。

■こうした、各地に出かけていって直接皆さんに作品を観ていただく仕事はもちろん今後も変わらず力を入れていきたいと思います。

■ですが、この秋は少し意識的に、次なる出版物の準備にもこころを注ごうかと考えています。いくつか宙ぶらりんにしてしまっている企画もありますので、順次進めていきたいと思います。

| 備忘録 | 09:20 | コメント(-) | trackbacks(0) | 先頭へ↑

編集

えりも

■襟裳岬「風の館」でのワークショップを終え、先ほど帰宅しました。

■今回もたのしかったー!えりも岬小学校の子どもたちをはじめ、大人も子どもも館の職員さんも、みんなそれぞれにすてきな写真を撮り、絵本を作ってくれました。

■さて、夏休みに入ってから連日のように続いていたワークショップ&講演も、明日の札幌イベントでとりあえず一区切り。

■各地でお世話になったみなさんのお陰で、楽しいとき、かけがえの無い出会いを得させていただきました。この場を借りて、お礼申し上げます。

| 備忘録 | 21:12 | コメント(-) | trackbacks(0) | 先頭へ↑

編集

これから出発

■6日は帯広市内のあじさい保育園で、保育園年長と近隣4学童保育所通所生合同のスライドトーク。5歳から9歳の小さな人たちが、総勢250名!始まるまでは「何とか大丈夫」と思っていたものの、いざ彼らの目線を一身に感じると、うー、平常心を保つのが大変でした。

■昨日7日は一日在宅。各所との事務連絡や、翌日(今日8日)の準備。暑い一日。町営プールでひと泳ぎしてきました(遊泳半年券を先日買ったので…)。

■さて、今日はこれから襟裳岬までいきます。「風の館」でワークショップ。風吹きすさぶ(?)岬の突端で、さて、どんな写真絵本ができるかな?たのしみー!

■ちなみに、明日9日は、札幌市の東札幌にある商業施設「イーアス」で、FM Air-G'のイベント講師です。午後1時ごろから子ども達とデジカメ写真講座。当日参加受付ですので、みなさんもどうぞ(中学生くらいまで。定員10組。おはやめに)。

| 備忘録 | 05:27 | コメント(-) | trackbacks(0) | 先頭へ↑

編集

自尊感情

■今日は「こどもの自尊感情」ということについて深く考えさせられる一日だった。

■ところで、置戸町、訓子府町で2日連続ワークショップを行った。お世話になった皆さん、そして何より、参加してくれたひとたち、どうも有り難うございました!

| こども | 22:59 | コメント(-) | trackbacks(0) | 先頭へ↑

編集

還元

■20時ごろ夕張から戻った。昨日書いた日記のとおり、北海道子どもの本のつどい夕張大会に出席。

■今回の「つどい」も、個人的にとても有意義なものとなった。特に、昨年の根室大会に引き続いて選択した「図書館」に関わる分科会で、たくさんの刺激とヒントを得たように思う。

■いま地元で取り組んでいるまちづくりNPO活動に、そして、よりパーソナルな部分では、この町における自分の娘たちの今後の育ちに、今回の「つどい」で得られたヒントをどのように還元することが出来るだろうか。

■図らずもその分科会で、同じ芽室町の方とご一緒するという奇遇を得た。図書館運営、活字文化ということに造詣が深く、なにより、この町におけるそれらの更なる活用についてとても強く意識をもっていらっしゃる方だ。

■同じ町内に住みながら今回初めてお目にかかったのだけれど、ぜひともこの出会いも大切にしながら、ゆくゆくはこのまちが本という文化を更に活かし、ひいてはここに生きる多くのひとたちがより”本(ことば)に生かされる”地域となるよう、いま僕にできることを少しずつでもやっていきたい。

■2日間のつどいを通して、他にも素敵出会い、嬉しい再会などがたくさんあった。嬉しい。また会いたい人、ほんとにたくさん!

■また、拙著に対するいろいろな感想や意見なども何人もの方々から直接拝聴することが出来た。これもまた、嬉しい。

■拙いながらも自分が発信したものが確かに誰かに受け止めてもらえているのだ、と実感できること。これは、じつにありがたいことでもあり、また、変な表現になるが、心底「ほっ」とする瞬間でもある。

■ひととひととが出会って直接ことばを投げ交わすという具体的経験。そのなかでこそ培われる自分への気付き、他者や世界への気付き。

■ひとが集うこと、そこに人間生活の基本があるな、と改めて思わされた「つどい」だった。今大会を企画・運営した大会実行委員の皆さんの尽力に、本当に感謝!

| 備忘録 | 21:34 | コメント(-) | trackbacks(0) | 先頭へ↑

編集

夕張

■いま夕張のホテルにいます。2日間の日程で「北海道こどもの本のつどい」に出席。先ほど1日目の日程が終わって、ほっと一息。

■メインゲストのあさのあつこさんと金原瑞人さんの対談が秀逸でした。

「分からないから、知りたいから、書く。
 すべて分っていたら、書く意味などない。
 分かるためには、私には、書くことしかない。」

■あさのさんの(たしか)そんな一言に痛く共感でした。

■分らないから、撮る。分りたいから、近づきたいから、撮る。もしくは、ちゃんと関わりを持ちたいから、撮る。ほんと、そうなんだよなぁ…。(ま、裏を返せば、撮らなければ関われないという歪んだ自分のすがたがそこにはあるのだが…)。

■いま、ゲストも含めた参加者の皆さんは近くの飲み屋に飲みにいっているのだそうですが、僕は、今日は不参加だなぁ…。なんだか、まだ風邪が尾を引いている感じで調子が上がらない…。

■ゆっくり話したい人もいるのだけれど…。ああ、もう寝ます。

| 備忘録 | 21:18 | コメント(-) | trackbacks(0) | 先頭へ↑

2009年07月 | 月別の日記 | 2009年09月


bar.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。