小寺卓矢・森の写真館 top_image
bar

left_button_spaca.gif
info.gif
left_button_spaca.gif
works.gif
left_button_spaca.gif
profile.gif
left_button_spaca.gif
publish.gif
left_button_spaca.gif
diary.gif
left_button_spaca.gif
link.gif
left_button_spaca.gif
left_button_spaca.gif
ask.gif

2010年02月 | 月別の日記 | 2010年04月

編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | 先頭へ↑

編集

あちこち、あれこれ

函館、今金、札幌、長沼、別海、霧多布と、駆け回ったこの1週間。濃密だった。ここに書ききれないほど、あれこれと、意義深い出会い、再会。

でも、かけずり回った分、身体はくたびれた…。心地よい疲れ。寝よう。
スポンサーサイト

| 備忘録 | 21:17 | コメント(-) | trackbacks(0) | 先頭へ↑

編集

デジタルカメラマガジン4月号掲載

3月20日発売の「デジタルカメラマガジン」(発行インプレス)4月号に小寺の写真が2点掲載されています。

271004B.gif

| お知らせ | 11:09 | コメント(-) | trackbacks(0) | 先頭へ↑

編集

エゾエンゴサク

■喫茶「野の花」写真展2日目。終日在廊。昨日よりは少ないが、今日も何人もの友人知人が「来たよー!」と会場を訪ねてくれる。嬉しい。

■もちろん、展示を見て下さるのは知人友人だけではない。コーヒーを飲み終わった方が「なんだろなぁ…」という感じで見て行ってくれる。それまた、嬉しい。

■また、いわゆる専門ギャラリーではないこともあって、来場者とわいわいとおしゃべりを楽しめるのも良い。

■閉店間際、常連さん3名が来店し、おしゃべりをした。そのなかのある方が持ってきたエゾエンゴサクの鉢植えの花が何とも愛らしくて、みなで「自然の造形美って、すごいねー!」と盛り上がった。

■まさに「野の花」が、写真展に豊かな色を添えてくれ、嬉しかった。

| 備忘録 | 20:13 | コメント(-) | trackbacks(0) | 先頭へ↑

編集

野の花写真展 初日

■昨日16日は、神奈川県大和市「cafe gallery 野の花」での写真展初日。たくさんの方が遠くから近くから来てくれる。みなさん有り難うございます。

■実家に滞在している事もあり、夜は悪友Kと駅前で一杯。木工会社の社長業で日々忙しくしている彼が、わざわざ時間を割いてつきあってくれた。美味いお酒だった。

| 備忘録 | 09:58 | コメント(-) | trackbacks(0) | 先頭へ↑

編集

イベント情報

■久しく更新していなかった「最新情報ページ」。今日更新しました。

■「イベント情報」欄にGoogleカレンダーを貼付けました。色合いがものすごくかっこわるいのですが…。

■これで情報更新も早くなる…かな…?

■あすから写真展です。いま神奈川にいます。

----------
■さっき風呂につかりながら考えた。

■もし夏目漱石がいま生きていたら「ツイッター」なるモノをどう評しただろう。

| 備忘録 | 00:24 | コメント(-) | trackbacks(0) | 先頭へ↑

編集

上士幌町図書館講演会

■今日は上士幌町図書館にてスライド上映講演会。たくさんの方にご来場頂いた。館職員のFさん曰く「図書館のイベントでこの人数が集まるのは久しぶりのことですよ!」。

■しかし、こうしてたくさんの方々に来ていただけということが、同じく職員のMさんをはじめとする関係者の方々による周到な広報、呼びかけの賜物であることは、会場の雰囲気や職員の方々の立ち居振る舞いから自ずとよくわかる。本当に有り難いことだ。

■反面、講演やワークショップのあとにはいつも思うことなのだが、こうして会場に足を運んで下さった方々にとって、僕がお見せする写真や喋る話の内容が、果たして期待に沿うたものであったのか、それが心配になる。

■いずれにしても、なんとかかんとか大きな問題点も無く、最小限でも今日一日のお役目を果たすことができたことに、いまはホッとしている。

■会場に、地元在住の知人や、以前別の会場で講演を聴いてくれた方、また、いつも大変世話になっている新聞記者さんの顔があり、にこやかに講演を見守っていてくれたのも、とても嬉しく、緊張を程よくほぐしてくれた。

■また、片付けを終えたあと館の事務所で一服しつつ、地元の写真家でライターのIさんを交えての歓談の場も、楽しかった。

■じつは上士幌町では、また来年度もある企画でお世話になりそうだ。図書館の企画ではないけれど、また上士幌の皆さんのお目にかかること、とても楽しみだ。

| 仕事 | 21:40 | コメント(-) | trackbacks(0) | 先頭へ↑

編集

写真展準備、娘たち【親バカ日記】

■先週から進めていた写真展準備。ようやくようやく、神奈川県で行う分の額装作品を昨日、北海道長沼町で行う分を今日、無事に発送し終えた。ふう。

■午後、床屋へ。久しぶりだ。最近ひげ剃りとシャンプー、そして頭皮や肩のマッサージなど、散髪後のまったりタイムが気持ちよくて仕方が無い。うとうとと、至福の時間。今度、本格的なリラクゼーションマッサージでもいってみるかなぁ。いままでは全然関心無かったけど。

■夕方、町図書館でNPOめむの杜の打ち合わせ。簡易理事会。決算と総会への準備の時期だ。うれしいことに、これまでボランティアとしてずっと参加してくれているUさんのご主人が「決算書類など会計事務系書類は僕が作りましょうか?」と申し出てくれた。ありがたい。

----------------
■最近さらに娘たちが面白い。

■長女7歳は、学童保育所で出会った少女漫画にえらく刺激を受け、最近は「将来漫画家になる!」と断言して譲らない。とにかく、暇があると絵を描いている。

■前々からなかなかいい絵を描くなぁと思っていたが、彼女、本当に絵を描くことが好きらしい。

■今はもっぱら、顔の半分をキラキラお目めが占めているような少女漫画チックな女の子ばかりを描いている。女の子の周りは、ハートや宝石の、やはりキラキラのデコレーションでいっぱいだ。

■僕は密かに「4歳ごろ描いていた、もっと素朴な絵の方がいいなぁ…」と思っているのだが、でもしかし、お目めキラキラばかり描いてはいるが、長女は長女なりに描くたび毎になにかしらの工夫を自分の絵に加えていて、より良い作画を目指していることがわかる。

■いまは描かれる内容よりも、その向上心と実践に「よし、いいぞいいぞ!そのちょうし!」と、このバカ親は無言のエールを送っている。

■4月からは、最近ご近所に越してきた絵描きさんが開く子ども絵画教室に自分の意志で通うのだそうだ。楽しく、がんばれ。

■一方、次女3歳は、とにかく「お話し読み語り」に夢中。絵本や童話を親に読んでもらうのも大好きなのだが、いまはそれ以上に、ひとり勝手に本のページを繰りながら”音読”するのが好きみたい。

■もちろんまだ字など読めないので、自分が読み聞かせをしてもらったときの記憶をたよりにしながら、彼女のありったけの語彙力を動員して、その本の内容を再現しようとする。

■それも、ただ単にお話の筋をなぞるだけではなくて、ときに登場人物の声色を代えてみたり、擬音語/擬態語や状況音を勝手に付け加えたりしていて、「ひとりエンターテインメント」に励んでいるのだ。

■このあいだなどは、やはりひとりで寝室の布団に寝転んでぶつぶつと読み語りをしていたので、何を読んでいるのかなぁ…とそっと覗いてみると、次女ときたら、僕が読みかけていたカント『判断力批判』をペラペラとめくりながら独りゴチていた。

■「そのときです!ヤギのおかあさんは言いました…」。純創作の動物寓話。

■難儀なカントより、舌足らずな次女の寓話の方が100倍おもしろかったのは言うまでもない。

| 備忘録 | 21:28 | コメント(-) | trackbacks(0) | 先頭へ↑

編集

プリント

■朝、久々の雪かき。雪が軽いうちに済ませてしまって正解だった。その後1時間もしたらすっかり重たいベタ雪になっていた。

■今日は一日在宅でプリント作業。再来週の神奈川での展示分。

■先週から画像処理(現像)をApertureで行っている。ちょっとバグが散見され、なによりも、やたらとメモリを食うけれど、操作感は悪くない。管理もこのソフトでいけそうだ。

■妻の帰りが遅かったので、夕食をつくる。あまり食材の入っていない冷蔵庫とにらめっこして考える。うーむ。「なんちゃって天津飯」だな、今日は。困ったときの卵とじ+丼。

■娘たち、完食。どうやらお気に召してもらえたようで、よかった。

---------
さっき偶然観たNHK教育「視点・論点」

西垣 通「ネットとリアルのあいだ」
身体的自己と言語的自己。“アバター”の話からはじまり、最後に「そろそろ、身体的自己の回復を」と。身体的実践のなかでの身体的自己の精錬。自分自身、しなきゃ、と思う。

| 備忘録 | 21:44 | コメント(-) | trackbacks(0) | 先頭へ↑

編集

ひな祭り、上士幌、十勝支庁

■妻の実家では毎年ひな飾りを飾る。3日には片付けてしまうので、その前に、例年のごとく娘たちの写真を撮った。それにしても、写真で見ると改めて、娘たちは随分大きくなったなぁ…と思う。

■昨日3日は十勝管内の上士幌中学校で2年生の「総合的な学習」の講師。彼らが行っているプロジェクト「旧校舎を写真に撮る」の、2月に引き続き、2回目。来年度新校舎ができ、いま彼らが学ぶ旧校舎が取り壊しになる。その前に写真で校舎を記録し、町内の公共施設で写真展を行うことで、町民一般にも取り組みを観てもらう、というプロジェクトだ。

■前回は撮影のコツなどを指南した。今回は担当教諭I先生の提案で、生徒たちがが実際に撮った写真を見ながら、その写真について僕が一人一人に質問を直に投げかけるという「総当たり式公開個人面談」を行った。

■40名弱の生徒と、休憩を挟んで約2時間。一人あたり2分ほどしかないのだが、そのなかで個々人の思いが次第にあぶり出されてきて、おもしろかった!その思いを写真でどう表現し、他者に伝えるか。僕自身がまだ暗中模索していることを、中学2年生たちがどのように形としてあらわしていくのか。3月下旬の写真展本番に向けて、頑張ってほしい。

■今日4日は、十勝支庁林務課のお招きをうけて、スライド上映。十勝管内の町村の林務担当職員の会議にあわせて催された講演会だった。普段あまり喋り慣れていない年齢層・構成の聴衆ゆえ、緊張。なんだか必要以上に饒舌になってしまったような気がする…。

■しかし、会場には、いつもお世話になっているNPOぷれいおん・とかちからIさんとNさんが来てくれていた。支庁林務課とは前からご縁があるそうだ。こうした場に知り合いがいると、ホッとする。

■また、今日初めてお目にかかったが、コープさっぽろのTさん、十勝エコロジーパークのIさんが終了後に声をかけて下さった。また何かの機会にご一緒できるといいな。

■そして、僕が以前新得町に一年住んだ時、そのきっかけとなってくれ大変お世話になった町職員のKさんの顔も。嬉しい再会だった。

| 備忘録 | 19:46 | コメント(-) | trackbacks(0) | 先頭へ↑

編集

はかどらず…

娘たちが体調不良で終日在宅。一緒にいられるのは楽しいのだけれど、仕事はかどらず…。うーん。

| 備忘録 | 10:29 | コメント(-) | trackbacks(0) | 先頭へ↑

2010年02月 | 月別の日記 | 2010年04月


bar.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。